格付けIT
HOME運営会社について利用規約/免責事項お問い合わせ

ホスティングサーバを徹底比較! 専用サーバ、VPSそして共有サーバのコスト面、性能面からオススメのホスティングサーバ情報をご提案します。また、SSL証明書も同時発信しています。そして、キャンペーンも随時紹介!

サーバー総合ランキング TOP5
ネームサーバに5〜10ゾーンまでと制限がある。 IPアドレスは追加はできないので、複数のSSLが必要な場合にはVPSの追加契約が必要です。 ディスク容量を大...... もっと読む
プラン 初期費用 月額費用
さくらのVPS 1G ¥0 ¥980
さくらのVPS 2G ¥1,980 ¥1,480
さくらのVPS 4G ¥5,980 ¥3,980
さくらのVPS 8G ¥9,980 ¥7,980
専用サーバー
M&T テクノロジー
サーバの安定稼働を重視し、ハード面も充実。 低価格にてセキュリティーを充実させるならことができる共有FW。 もっと読む
プラン 初期費用 月額費用
エントリー ¥62,790 ¥31,290
スタンダード ¥102,900 ¥52,290
プロフェッショナル ¥208,900 ¥102,900
共有サーバー
GMOクラウド
アイクラスタは、100%の稼働率を保証したレンラルサーバ YMCと同様、サーバが二重化されている。 オプションも充実しているので、オプションを組み合わせるこ...... もっと読む
プラン 初期費用 月額費用
iCLUSTA ミニ ¥5,250 ¥980
iCLUSTA レギュラー ¥5,250 ¥1,480
iCLUSTA プロ ¥5,250 ¥2,480
プランがシンプル。 エントリーとハイスペックの2つのプランに拡張オフションを追加できるオプション体制。 用途に合わせたスペックでアップグレードが可能。 2...... もっと読む
プラン 初期費用 月額費用
VPSエントリークレジットカード ¥5,250 ¥1,450
VPSエントリー口座振替 ¥5,250 ¥2,290
VPSハイスペッククレジット ¥5,250 ¥8,820
VPSハイスペック口座振替 ¥5,250 ¥9,660
共有サーバー
WADAX
電話サポートは平日9時から22時まで。祝祭日は18時までサポート。 セコムトラストシステムズによって定期的にセキュリティ(脆弱性)診断を受けています。 もっと読む
プラン 初期費用 月額費用
ブロンズ ¥3,150 ¥2,415
シルバー ¥3,150 ¥3,500
ゴールド ¥3,150 ¥4,500
ドメインの基礎知識

ドメインとは、インターネットにおける住所表記です。

インターネットに接続されたあらゆる端末は、IP アドレスと呼ばれる固有の番号を持ちます。Web サイトにアクセスしたり、メールを送受信する際には、この IP アドレスを使って通信相手を特定します。

IP アドレスは 192.0.43.10 のような数字の羅列のため覚えづらいので、代わりに example.com のように英数字で別名を付けることが行われています。この別名をドメインと呼びます。

ドメインは勝手に付けていいものではなく、世界各地の管理団体によって管理されています。また、ドメインは階層構造をなしています。www.example.com というドメインを例に挙げると、末尾の com がトップレベルドメイン (TLD: Top Level Domain) と呼ばれる部位で、example がセカンドレベルドメイン、左端の www がホスト名です。

TLD には jp, de, tw 等の国や地域に基づく国別コード TLD (ccTLD: country code Top Level Domain)、com, net, org 等の一般 TLD (gTLD: generic Top Level Domain) 等があります。

セカンドレベルドメインは様々ですが、ccTLD が jp の場合、co, or, ne, ad 等があります。gTLD の場合、利用者が gTLD の管理者に自由に申請することができます。例えば、Google は google.com というドメインを保有しています。

ドメインの保有者は、さらにサブドメインを自由に作成することができます。例えば、example.com というドメインを保有している場合、contents.example.com, blog.contents.example.com という風に、必要に応じて下位のドメインを作成することができます。

ホスト名はそのドメインに属するサーバー等を識別するためにありますが、Web サーバーやメールサーバーでは省略することがよく行われます (http://google.com でも http://www.google.com でも、どちらでも Google の検索サイトにアクセスできます)。

ホスト名とサブドメインはあまり厳密に区別しません。

ドメインを使用するには、指定事業者を通してドメイン管理団体にドメインの利用申請を行う必要があります。登録したドメインを実際に使用する (IP アドレスにひもづける) には、DNS サーバーにゾーン登録する必要があります。DNS サーバーは電話帳のようなものです。例えば Web ブラウザが http://www.example.com にアクセスする時、DNS サーバーに www.example.com に対応する IP アドレスを問い合わせます。DNS サーバーは指定事業者やホスティングサービスプロバイダーが提供し、多くの場合、利用者はコントロールパネルを使って設定を行うことができます。

お役立ち情報
サーバーの基礎知識
サーバーの選択方法
ドメインの基礎知識
SSLサーバー証明書とは
SSL証明書の選択方法
用語集
 
スポンサーバナー
レコーダー不要の防犯カメラサービス
 
無料のサーバー監視サービス
 
実在認 証格安SSL証明書DigiTrust
 
格安SSL証明書EcoCert
 
サイト登録 Paseon